ETCカード利用上の注意点

ETCカードを車載した車は、基本的にノンストップで料金所を通過することができます。

しかし、通常の走行スピードのままで、料金所を通過するのではなく、時速20キロ以下にスピードを下げる必要があります。

その理由は、安全上にあり、一つには、車載したETCのセットが完全でない場合に、料金所のレバーが上がらず、車がレバーと接触してしまう可能性がある為です。

また、前の車が、ETCを搭載していないのにもかかわらず、誤ってETCレーンに侵入している可能性もあります。

このような場合に、料金所における衝突事故発生の原因となる危険があるのです。

また、係員がレーンを横断することもあるため、事故を未然に防ぐためにも、レーン内の速度を下げる必要があるのです。

同様の理由で、料金所付近では、スピードを落とすだけではなく、車間距離を十分にとって、安全を計る必要があります。

忘れてはいけないのが、ETCの有効期限です。

ETCカードは、クレジットカードと同様に信用情報に基づいて発行されていますので、一定の期間ごとに、カードの更新手続きが為されます。

当然更新されないカードを使用して、ETCレーンに侵入すれば、料金所の開閉レバーが開くことはありませんので、ご注意下さい。

【PRサイト】http://www.dc.ogb.go.jp/road/index.html

Posted in 注意すること | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.