ETCカードの利用方法

ETCカードとは、原則カード名義人本人のみが使用できるもので、車を下車したときに、車載器から取り出し携帯することが基本となります。

一方で、ETC車載器は、搭載される車の情報を登録してあるのみで、ETCカードを抜き出してしまえば、カードに登録された個人情報が車載器に残ることはありません。

よって、車の使用者が変われば、新しい使用者が挿入したETCカードを利用して、道路使用料を清算することが可能となるのです。

ETC車載器の規格は、全国で一律に統一されていますから、お持ちのETCカードはどの車の車載器にも搭載可能という訳です。

例えば、レンタカーなどであっても、車載器さえ搭載している車であれば、個人のETCカードがそのまま利用できます。

ETCを車載した場合、それを使用する為には、ETCに対応した通行レーンを通過する必要があります。

対応レーンには、遠目でもハッキリと判るようにETC表示がされていますから、それを確認の上、レーンに侵入して下さい。

尚、ETCレーンを通過して有料道路を走行したにも関わらず、出口の料金所がETCに対応していない場合は、係員にその旨を伝えれば、ETCレーンを通過したのと同様の支払い手続きがなされます。

入口が非対応の場合は、通行券を受け取り、出口で係員にETC決済を希望する旨を伝えることで、その対応が可能となります。

Posted in ポイント | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.