ETCカードを作るには

ETCカードは、道路利用料金をこれまで料金所で現金で支払っていたものから、クレジット払いにするために作られたカードです。

そのため、ETCカードはクレジット会社によって発行され、発行には本人確認等の審査を必要とされます。

この時、18歳以上の免許取得可能年齢であっても、未成年者は親権者の同意が必要となる場合や、20歳以上という年齢制限がある場合もあります。

尚、審査基準は、カード会社によって多少の違いはありますが、基本的に安定した収入があることを申告する必要しなければならないことが多いようです。

また、クレジットカード同様に、その使用は、原則的にETCカード名義人本人のみと限定されます。

ETC車載器に登録される情報は、登載車のナンバープレート等の車情報であり、ETCカードにあるのは、個人のクレジット信用情報です。

ですから、車の使用者ごとにETCカードを抜き差しし、その利用料金を各人で管理することも可能です。

ETCカードを作る場合は、お持ちのクレジットカードに付帯させて、追加発行するタイプのものが、手続きも簡単で、ETCカードの年会費等が免除されることも多く、お薦めです。

クレジットカードをお持ちでない場合には、年会費やポイントなど、各カード会社のサービス内容を比較の上、ETCカードを作られることをお薦めします。

Posted in 作る際 | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.